仙台で不妊治療に詳しい鍼灸師のいる【ここみの杜鍼治療室】

仙台で婦人セラピー&不妊治療に詳しい仙台不妊治療.com【ここみの杜鍼治療室】

 022-765-9497

top_logo_right

Top画像

高齢出産を経験してきた鍼灸師からのメッセージ

実は、私も子供が出来ずに悩んでいた時期があります。

親しい人達には話していませんでしたが、私達夫婦は結婚してから5年ほど子供が中々出来ず悩んだことがあります。現在8歳になる長男を授かるまで6年、次の長女を授かるまでそこから実に8年の月日が掛かってしまいました。

初産で35歳。

第二子の長女の妊娠がわかった時には、私達夫婦は(同級生なので)43歳。喜びもすごく大きかったのですが、正直、年齢と向き合ったとき不安な部分も相応にあったのです。

ご挨拶が遅れました。私、妊活サポート鍼灸師の陳駿輝(ちんしゅんき)と申します。

もし仮に不妊で悩んでいて、下記の内容で思い当たることが1つでもあるようでしたら、ご覧のあなたにもぜひ知っておいて欲しいことがあります。

  • とにかく疲れやすい、疲労感に悩まされている方
  • 最近、イライラしやすくなって来たような気がする
  • 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている
  • 立ちくらみなどのめまいを頻繁に感じるようになった
  • 夕方になると甘いものが無性に食べたくなる
  • お通じも悪く、腸内環境は悪いほうだと思う
  • 生理痛が毎回ひどい

すべての方とは言いませんが、ご覧になっている80%以上の方は、ストレスなどによって乱れた自律神経を整えるだけで、妊娠しやすい体質に改善できるかもしれません。

私達夫婦の15年に及ぶ妊活の経験から、今思うとああすればよかったやこうすればよかったなど沢山あります。ここから先、私達の経験が同じように不妊で悩んでいる皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

不妊の多くは自律神経のトラブルが原因?

不妊症・自律神経を乱す5つの罠

1、ストレスなどによる自律神経の乱れ
2、食生活の乱れによる肥満・拒食・血糖値スパイクなど
3、ステロイドや痛み止め(NSAIDs)の常用
4、誤ったサプリメントによる腸内環境の悪化
5、ドリンク剤などによるカフェイン摂取

私達夫婦の場合は、一人目の時は食生活の乱れ、二人目の時は仕事と子育てのストレスにが原因になっていたような気がします。
その後、食を見直し〇〇を食べるようにしていったのですが、そのかいもあってか8kgほどのダイエットに成功します。

なぜ?ダイエットの専門家だった私が不妊治療専門の治療をしようと思ったのか

  • 年齢と共に体重が増加傾向である
  • 立っているだけで腰が痛くなってきた
  • やる気が出ないことが多くなってきた
  • 毎回、生理痛がきつい

不妊で悩まれている方の場合、こういった症状に悩まされている方って多いのではないでしょうか?

もし、太ってもいないし元気もある、そういった症状は特にないという方がいらっしゃいましたら、本当に残念ですが、ここから先に書いていることは、あまりお役に立てないかもしれません。

逆に上記の内容に思い当たることがある方。

以前の私達のように、あとちょっとで妊娠できる体質なのかもしれません。私の知っている妊活ケアの方法や治療法が、あなたの妊活のお役に立てるかもしれないのです。

肥満・肩こり・腰痛・生理痛は、自律神経のSOSサイン!

私は鍼灸師ですので、もちろん痛みには詳しいです。
というより専門家でもあります。^^;

そして長年、耳つぼを用いた痩身治療をやってきているので、食事やプリメントを用いた栄養医学などにも詳しいです。

よく、ストレスによって体重が増えたり、食欲が増したりすることってありませんか?

いわゆるストレス太りと言うやつですね。

実は最近、食事の仕方によっては自律神経を大きく狂わせてしまう、そんな衝撃の事実が医学的に証明され始めています。

自律神経の乱れは血流の悪化を引き起こす!

もしかすると、ご覧頂いているあなたも普段の食事によって、自律神経を大きく狂わせてしまい、何をやっても妊娠できないという負のスパイラルに陥っているかもしれないのです!

最近、不妊の原因は、子宮や卵巣への血流が滞ってしまっていることから起こると言うのが有力です。そして生理の痛みは、血流を良くしようとする際に出る(プロスタグランジン)によって引き起こされていると言われています。

難しい話はさて置き

つまり、血流が悪いと妊娠し難い。

簡単に言ってしまえば、こういうことなんですね。
そして血流の滞りは自律神経の興奮によっても引き起こされます。←ここがポイントです。

逆に自律神経の興奮を抑えることは、妊娠しやすい母体改善になるということでもあるんですね。

先ずは神経の興奮を抑える治療を優先して欲しい

ご覧になっている方の中には、人工授精などの高度生殖医療を検討されている方もいらっしゃると思います。
ただ、自律神経の専門家として心配だなぁと思うのは、この神経の興奮を抑えないまま、生殖医療を進めていくのはちょっと怖いなと言うのが正直な感想です。(おそらく着床し難いのでは?と思います)

結果、とても悲しい思いを繰り返すことになりかねません。

それでは温めれば血流も良くなり妊娠するのか?と言われれば答えはNo!です。
絶えず血流を良くしなければ意味がありませんから、一時的に血流を良くするだけでは効果がありません。

この事実に気がつくまで随分と時間が掛かってしまいました。

妊娠しやすい母体にしていくためには、自律神経を安定させて、温活などしなくても絶えず血流がよくなるような状態を作らなければならなかったのです。

東洋医学と耳つぼ療法で神経の興奮を抑える

ここみの杜では実績のある医療機器を導入しています

婦人科などで論文も多く出ている温熱治療器サンビーマーや電気治療器のパイオニア全医療のオームパルサーの最上級モデルを導入しています。

更新日:

Copyright© 仙台で婦人セラピー&不妊治療に詳しい仙台不妊治療.com【ここみの杜鍼治療室】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.